2017年2月15日水曜日

Laravel5.4でリアルタイムエラートラッキングの「Sentry」

Laravel5.4に、リアルタイムエラートラッキングの「Sentrysentry-laravel)」を設定してみました。わざとエラーを起こしてみても、何も起こらないので、設定が間違っているのかも。信じて、しばらく様子を見ることにします(?)。

/config/app.php
  'providers' => [
    Sentry\SentryLaravel\SentryLaravelServiceProvider::class,
  ],

  'aliases' => [
    'Sentry' => Sentry\SentryLaravel\SentryFacade::class,
  ],
/app/Exceptions/Handler.php
  public function report(Exception $exception)
  {
    if ($this->shouldReport($exception)) {
        app('sentry')->captureException($exception);
    }
    parent::report($exception);
  }
/config/sentry.php(設定ファイルの作成)
$ php artisan vendor:publish --provider="Sentry\SentryLaravel\SentryLaravelServiceProvider"
/config/sentry.php
return array(
  'dsn' => env('SENTRY_DSN'),
  'breadcrumbs.sql_bindings' => true,
);

参考サイト
The Exception Handler(Laravel)
sentry-laravel(GitHub)
イベントログ収集ツールの Sentry が凄そう(Memoさん)

0 件のコメント:

コメントを投稿